大人も子供も若者も相手に伝えるために毛筆をとことん見直していこう!

小学生の頃に多くの人は、書道の授業で毛筆を使ったこともあるでしょう。墨を筆先に塗らして字を書くときには、なぜか緊張したり、うまく書けたかで一喜一憂したこともあるでしょう。
しかし大人になると、なかなか触る機会すらない人も多いでしょう。

自然と集中力がつく毛筆の良さを体感する

私たちが子供の頃、書道を習うことも多かったです。書道教室なども人気の習い事でした。
その良さとして、字がキレイになるということがありました。
大人になっても字がキレイだと、それだけでも良い印象を与えます。

自然と集中力がつく毛筆の良さを体感する

また、字を書くときには集中もするので、自然と集中力がつくとのメリットあると言われています。
これに関連して、長く座って書いているので、机に向かうことや勉強も長くできるようになったとの声も聞かれます。
あと、丁寧に書くために練習も繰り返し行うので、繰り返しの作業もできるようになった、苦にならなくなったという人もいます。

意外と字のこと以外にも探してみるとメリットやいろいろな力が身に付きそうです。子どもに学ばせたいのも当たり前の心理と言えそうです。

パソコンの文字よりも温かくいい印象を与える毛筆

たとえば、年賀状など手紙もパソコンで書面を作り、大量印刷も可能です。多数の人に送るときには、同じ書面で何枚も出せるようになり、本当に便利になりました。

パソコンの文字よりも温かくいい印象を与える毛筆

しかし、いくらにキレイな文字や書面手でもなかなか温かさを感じることはありません。パソコンの文字もキレイですが、なにかもの足りません。

ところが、そんな書面に一言でも手書きの文章があるだけでも印象はぐっと変わります。何気ない言葉1つに温かさや味が出てくると言えます。

これが特に、毛筆で書かれたものだと、より特別な印象も与えます。これも良さの1つと言えるでしょう。

とはいっても、なかなか普段は触らないものですから、いきなり上手く書けることはないでしょう。
やはり練習が必要です。練習をするからこそ、字がキレイになったり、また独特の文字のスタイルを生んでいる人もいるくらいです。

大人になってから毛筆の使い方を覚えていく

いきなりそこまで行かなくても、練習をやっていくうちに使い方を知ったりするものです。

使う前段階として、持ち方もあります。基本的には3本の指で持ち、薬指や小指は添えるだけとなります。

大人になってから毛筆の使い方を覚えていく
なお、下方を持つことで、動かしやすくなります。もしも、上手く字がかけない、力の加減が上手くできないというときこそ、下方をもつようにしましょう。

持ち方を意識してから、練習をする方が上達の速度も上がりやすくなるのです。
もしも上手くかけないときには、練習がまだまだ足りないこともあります。ところが持ち方をいろいろと変えてみると、スムーズに動かせるようになるものです。そうなることが、キレイに書くための第一歩となります。

The recommendation site

https://www.genfuri.com/
おかねがない..と途方にくれながらネットを見てたらカードで現金を振り込むことができるシステムをここで見つけました!

子供の頃にやっていても、途中で書道と切れることがほとんどです。
しかし、大人になってからも少しでも練習してみると、気分転換にもなるはずです。

毛筆練習は忙しい方でも通信口座で練習ができる

今だと、通信口座で練習ができたり、添削してもらえたりします。また、パソコンの書体を真似することも実は字がキレイになる上達にも繋がるのです。

毛筆練習は忙しい方でも通信口座で練習ができる

お手本を上手く探すことも必要です。

そして、その良さやメリットはきっと大人になってからでも、十分に感じることができます。
ぜひ、それを感じられるようになると、きっと心にもゆとりや余裕や落ち着きが持てるようになるでしょう。